FC2ブログ
花天月地プロジェクト
KatenGetch Project (YMC Inc.)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2017/08/31(木)   CATEGORY: 上演記録
夏の夜の岸田國士 『髪の毛と花びら』 前半
(・・・前半)
岸田國士の『髪の毛と花びら』という作品は、全集を読んでいるうちに掘り出した小説である。どなたに聞いてもとても面白い話だと言って頂いたけれど、戯曲ではないので、知る限り、これまでどこでも板に乗ることはなかった。
読み物(小説)ではあるけれど「 」の会話部分が非常に多く、リーディングならではの作品でもある。見つけた時は嬉しくて、今回は「親と子」か「女給さん」をテーマに、戯曲選びをしようとしていたのを転覆させて、これを上演することにした。発掘した喜びである。
さて、たとえば、『ヨシオはハナコのことが好きだ』と小説の本文に書かれていれば、それは事実となるけれど、戯曲に『ヨシオ「僕はハナコのことが好きだ」』と書かれていると、事実はそうとは限らない。むしろ疑ってかかった方がいい。
なので戯曲にかかれているセリフから、行間を読み取って事実をあぶり出す作業が必要になるわけだけれど、岸田國士の作品は 普遍的な人間の心理が描かれているだけに、この作業にやり甲斐も楽しさもある。
発表された作品は、作家の手を離れたものだから、ある程度読み手は勝手に判断する特権はあるにしても、作業として「作家の意図した心理」を探ろうとするときに、その作家が書いた「小説」の存在は役に立つ。
:
:
盲人の繊細な感覚、光の代わりに得た能力は、超人的である。その着目点自体の面白さもあるけれど、妻・美津子の自分の「美」に対する複雑な感覚について、その設定を使って炙る出しているところが秀逸。
夫のことは裏切らないと決めつつ「自分が若い色男の気を惹きつけたことは、知られたくないが、知らせたい」という美津子の心理をしっかりと説明した上で、「 」セリフで語らせている。
・・・(つづく)   

photo:TomokoKosugi

21192296_1711166778894811_5527312567298137243_n.jpg
塾一久

21272438_1711175372227285_3594236423642934873_n.jpg
柳鶴英雄

21271323_1711165778894911_7590987280663525166_n.jpg
加藤亮佑

21231760_1711165705561585_6949313372718683113_n.jpg
柳鶴英雄 斉藤こず恵 奈良井志摩

21231585_1711176658893823_187209476717070449_n.jpg
奈良井志摩

21231247_1711165932228229_2310034086618883039_n.jpg
柳鶴英雄 奈良井志摩

21230990_1711168835561272_3092758632688372820_n.jpg

21231162_1711170125561143_7319517315989989639_n.jpg


21230793_1711245178886971_4960401919456269211_n.jpg
奈良井志摩

21192629_1711168058894683_5896776886719403175_n.jpg
中村直美 ほか
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 花天月地プロジェクト. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。